FC2ブログ
怪異・日本の都市伝説
日本には多くの都市伝説 がありますが、それにまつわる謎も多いです。 その他、怖い話、オカルト、心霊スポットなど紹介していきます。
都市伝説もいいけれど、その前に家出少女の神様になってみませんか?
毎日神待ちしてる家出少女の書き込みが満載の

今すぐ会える家出少女掲示板です

神様になってくれた人にはHなお返しがおるかも!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都市伝説 解剖学教室の高給バイト
大江健三郎の小説に「死者の奢り」というのがあります。医学部解剖学教室の解剖用死体のメンテ?のアルバイトを高給につられてはじめた主人公の内面を鋭く描いた作品、と言うことなのですが、さすがノーベル賞作家だけのことはあり、この虚構は一人歩きしてしまい「解剖用死体の世話をする高給アルバイト」が存在する」という都市伝説が成立することになりました。(もしかしたらそう言う都市伝説のほうが大江の小説に先行していたのかもしれない。こちらの方がありえますな)

筆者の知る限り、でっかいプールみたいなところに解剖用死体をストックしておいて、ホルマリンにちゃんと浸かるように定期的に沈めるような事をやってる解剖学教室があるとは思えません。場所とホルマリンが無駄じゃないですか。小さい風呂桶サイズを必要数だけ揃えて管理すれば済むこと。天下のT大学にはそういう施設があるのだ、と仮に認めたとしても、そう言う作業に高給だしてアルバイト雇うはずがない。基礎系の教室には金なんかありませんから。(元東大解剖学教授の養老孟司 氏が自著の中で自分もそう言う噂を聞いた、と言っておられるぐらいなので、東大だって特別なやり方で死体管理やってるわけではなさそう)

筆者が医学生の頃、解剖実習室にアンチャン風の若者数人がやってきて、教官に「死体の世話をするバイトがあるはずだ」とせまり、追い返されているのを目撃したことがあります。少なくとも20年前まではかなり具体的な伝説として成立していたようです。

ベトナム戦争当時、「戦死した米兵の死体をきれいにする高給バイト」というのが噂されたことがありますが、エンバーミングという死体をきれいに復元する技術の講座を持った大学があるアメリカが、素人を高給で使うわけないじゃないかと考えれば、これも上のバリエーションということがわかります。

最近こう言うのを聞かなくなった#理由の一つとして、昔の「高給」というのがいまのマクドナルドのバイト代+αぐらいのモノだった、ということもありますか。お金への執心といっても、昔のハングリーさは失われ、どうしてもお金が欲しければ男女問わず援助交際でもしようかという今日この頃、なにもわざわざ死体と付き合うことないですものね。
鉢合わせ
子供の頃の体験。
自分の通う小学校の地域には児童館はあっても図書館がなくて、
児童館自体も小規模で遊具も卓球台が1台あるだけでろくに揃っていなかった。
なのでちょっと離れた隣の学区の、児童館もある大きな図書館に行くことが多かった。
そこの児童館は当然ながら違う小学校に通う子供ばかりで、
いじめっこ風の奴や上級生っぽい奴に気をつかわないで済むことと、
珍しい遊具があったので多少遠くても苦にならずに頻繁に通っていた。
その児童館の遊具で一番人気で、一番目立っていたものがある。
それは遊戯室のど真ん中に置かれた直系3Mくらいの球体の遊具。
頑丈なダンボールで出来たそれの表面にはいくつかの丸い穴があり、
そこから入って迷路みたくなった内部を通って、中央の大きな空洞にたどり着けるようになっていた。
球体内部の通路の幅は、小学校低~中学年程度の子供が一人這ってギリギリ通れる程度で、
当然ながら内部で人とすれ違うことは出来ない。
なので、内部で誰かと鉢合わせたときは気の弱いほうが後退して遊具から出なければならなかった。
それから低・中学年の子供でも太めの子は内部で身動きが取れなくなる可能性もあり、
ちょっと太めだった自分は内部で詰まった時の脱出&救出シミュレーションをよく脳内でしていた。
まず、大人が入れるサイズではないので、穴から手だけ伸ばして足をひっぱってもらうか、
最悪はダンボールを切ってもらわないと出られないだろう、という結論だった。
そんな太めの自分は、内部でだれかと鉢合わせて後退するのも手間どるので、
なるべく人の少ないときを見計らってその遊具で遊ぶことにしていた。
とはいえ、人気の遊具なので空くときはなかなかない。
たいていの場合「仲良しグループ」と思われる数人が占拠していて、
3~4人がぎゅうぎゅうに入れる中央部分で閉館ギリギリまで延々とおしゃべりを続けていることが多かった。



ただ、そんな人気遊具でも独り占めできる瞬間があった。
それは閉館放送が流れ、児童館の「先生」が子供たちを部屋から追い出しにあわられた直後、
その球形の遊具にもぐりこんでしまえば、少なくとも数分間は一人で遊ぶことができる。
「先生」も心得たもので、目に付く子供たちを追い出した後にはちゃんと
「中にいるやつ~、帰りなさい~」と声をかけにくるので、声が掛かったら素直に出ることにしていた。
無視して遊ぼうとしても、ほふく前進をしているのでズッズッという音でばれる。

「その日」は雨で、児童館には外で遊べない子供がたくさん集まっていた。
もちろん球体の遊具も満員御礼。
しかたないので自分は図書館の方で本を読み、5時近くになってから児童館に戻ってみた。
さっき来たときよりは人が減り、球体の遊具も空いていそうな気配。
それでも中で人とはちあうのは面倒なので、しばらく様子をみていた。
いつものように「そろそろ時間だぞ~片付けろよ~」と先生が来た。
球体の遊具から2人ぐらいが出て行ったと思う。
それを見てから自分は丸い穴から内部にもぐりこんだ。
この球体、とうぜん内部に電気なんてついていないので、
曇りや雨の日には穴から差し込む頼りない蛍光灯のあかりだけをたよりに、 薄暗い中を這って進んでいかなくちゃならない。
それでも中央の空洞に向かうだいたいのルートは覚えているから問題はない。
先生の声が掛かるまでに中央部に到達しておきたいなと思い、
俺は必死に前進を続けた。
違和感を感じながら。
なんとなくいつもと感じが違っていたからだ。
雨の日のせいなのか、ダンボールが全体的にしっとりとしていて進みにくい。
内部の暗さもいつも以上。
ついでに自分のたてるズッズッという音の他に、遅れて音が聞こえてくる。
なんだ、まだもう一人いたんだ・・・とがっかりしながらも、
鉢合わせたらめんどくさいな~という気分になり、前進をやめて入った穴から戻ることにした。
前に書いたように自分は少し太めで、後退はちょっと楽じゃない。
しかもいつもはサラっとした床部分が微妙に湿っていて動きにくくなっていた。


必死に後退を続けていたわけだけど、頭の中は混乱し始めていた。
後退して球体から出るときは、足の先で穴の位置を見つけてそこから抜け出すようになるんだけど、
なかなか爪先が穴のふちに当たらないのだ。
そんなに奥まで入ってたっけ?そう思いながらも後退を続ける。
もうひとつのズッズッという音は順調に前進を続けている。
俺はますます焦ってきた。
なぜって、その音は確実に正面から自分に近づいてきているからだ。
このままだと爪先が出口を見つける前に鉢合わせてしまう。
面倒だから早く脱出しないと、と俺は後退を続けた。
もぞもぞともたつく俺に、ズッズッ、ズッズッ、ズッズッ、という音が確実に近づいてくる。
球体内通路のカーブのすぐそこまで来ている感じだった。
ようやく俺は何かがおかしいことに気付いた。
閉館案内の放送とともに流れるはずの音楽がまったく聞こえない。
後退を止めた自分の鼻息とズッズッ、ズッズッという音だけが聞こえる。
音だけ、だ。
普通、ダンボール製のこの遊具の内部で人が動いているときは、
それなりの振動が遊具全体に伝わるはずなのに。


でも、音だけは確実に俺に迫ってきていた。
こういう話でありがちなんだけど、「よせばいいのに」って行動、
本当にとっちゃうものなんだよね。
ほふく前進ならぬ、ほふく後退をしていた俺は首が楽なように
床面を見ながら移動していたわけで。
後退を始めてからは首を上げて通路の前方を見ることはしていなかった。
なんで顔を上げちゃったんだろうと今でも後悔してる。
ズッズッ、ズッズッって音がやんだ一瞬、無意識に顔を上げた俺が見たものは、
俺の顔から30センチほどの距離で怒りの形相をしたオッサンの顔だった。
うわっ!と思った瞬間、足を思いっきり引っ張られた。
もうチビリそうだった。
足を引っ張ったのは児童館の先生で、「帰りなさい」と俺に言ってきた。
俺はダッシュで児童館を飛び出した。



無料メル友募集サイト紹介
六甲山の入口
これは僕の専門学校時の講師に来ていた先生が実際に体験した、しゃれにならない話です。

昔の六甲山は入口に大きな大木が生えていたそうです。
普通は大木の左側を通って行くのですが、右側も通ろうと思えば通れるのだそうです。
男4人でドライブに行きました。2ドアの車で先生は助手席に乗っていたそうです。
「おい、あの木の右側通って入ったら幽霊が出るって知ってるか?」ドライバーがみんなにそう語りはじめます。
みんななんとなくその噂は知っていました。「通ろっか?」
!!!!
「やめとけ。何もわざわざ通ることないやんけ!!」先生はそう言って反論したのですが、ハンドルをにぎいっているのは彼。
「こわがってるんか?出るんやっても車を停めんかったらええやんけ。ふっふっふ」そう言いながら強引に右側に進入しました。
誰もそんな物好きはいないのでしょう。長々と生えた雑草を踏み倒して通過していきました。
「なっ、なんも無いやんけ。」
そういって車内はまたくだらない話題で充満してきました。
しばらく走っていると路肩に女の子が一人とぼとぼと歩いています。
「おい、女の子がいるで。ナンパしよ。」男4人集まるとすぐにこういうノリになってしまいます。おおかた彼氏とドライブに出かけケンカでもして車から降りたのでしょう。
「お姉ちゃん!どないしたん? 乗せてったろか? 歩いて下まではしんどいで」
女の子は何も言わずに項垂れています。
「なっ、遠慮することないやんけ。乗りな。」そういって後部座席に女の子を挟む形で乗り込みました。 さすがに2ドアの車に5人は窮屈です。
しかし、女の子が加わったことで車内は一気に活気づきました。落ち込んでいる女の子を笑わせようと後ろの2人が必死になって冗談を連発するのです。
みんなはゲラゲラとバカ笑いです。
ようやく女の子も落ち着いたのでしょう、また我々に逆に気を遣ってくれたのでしょうか?顔に笑顔が戻りました。ニコニコ聞いています。


しかし、次第に車内が静かになってきました。
後部二人の冗談がやんでいるのです。
(おかしい。何かがおかしい。この女の子、さっきからニコニコしてるけど、一言も口きいてないやんけ。。)
どうやらそのことにみんなが気付いたのでしょう。
しーんと静まりかえる車内に、女の子だけがあいかわらずニコニコしています。
(・・・・やばいっ!こいつ人間と違う!!!)
そう思った瞬間、ニコニコしていた女の子が急に一転し、ゲラゲラと白目をむいて笑い始めたのです。
うわぁ!! 
と、同時に口から血が吹き出るように飛び散り、後部座席は一瞬にして血の海となったのです。
ぎゃぁぁぁ~~~~!!!
驚いた運転手と先生は車から飛び出して逃げたのですが、
「あかん!お前!! あいつら逃げとらへん!!!」
そう、2ドアのため後部座席からは容易に出ることが出来ないのです。
「どないすんねん!」
「あほぉ!ほっとけへんやろ!」
そして、二人は恐る恐る車に戻ってみることにしました。
車はヘッドライトを着けて、ドアをあけたままの姿でそこにあります。
耳をすましてみても何も聞こえてきません。
辺りは何事もなかったようにシーンと静まりかえっています。
車内にも物陰はありません。
そっと車内を覗いて見ると、さっきの女の子の姿は既にありませんでしたが、
1人が完全に気を失っており、もう一人は放心状態でヘラヘラ笑っているのです。
今でも後部座席の一人は、精神がおかしくなったまま病院通いを続けているそうです。
ところがこの話はこれで終わりではないのです。


数年後、そんなことも忘れていた先生は、ある日違う友人達とドライブに出かけたそうです。
「なぁおまえ、ここの大木、右側通っていったら血まみれの女の子に会うって知ってるけ?」突然友人がそんなことを話始めた。
「!!! あほぅ・・・・・。だ、誰がそんなこと言うてたんや?」先生の顔色がかわる。
「いや、聞いたウワサや。。ハハハ。なんや、おまえも知ってたんか・・・」
「・・・・・。」
「おもろそうやな。通ってみるで」
「あほぅ!! やめとけ!! 通るんやったらワシ降ろして一人で行け!!」 
「なにおこってんねん!おもんないなぁ。・・・なんやコワイんか?」
「コワイ。やめてくれ。」
「大丈夫や。昼間やし」そういって友人はいきなりハンドルを切ると、強引に大木の右側を通ってしまった。
「うわぁ、やめとけ言うてるやろっ!!  ・・・・・ボケが。」
「へっへっへ。」
「・・・・。あんなぁ、おまえは知らんで当たり前やけどなぁ。そのウワサの出所はワシや。」
「?! ハ??」
「だいぶん聞いてる話がかわってるみたいやけどな、」そう言って先生は数年前の出来事を友人に話始めた。
「・・・ヤバイわ。通ってしもたやんけ。」
友人は話を聞き終わる頃には、すでに恐怖がこみ上げていた。
「・・・ボケが。」
「ど、どないすんねん!」
「知らんわ!アホ!・・・・とにかく、もし女の子が居たとしても絶対に車を停めるな!絶対にやぞ!!目も合わすな。そこに居ると意識するな。」
そして二人は無言のままドライブを続けた。
しばらく走ったところで先生の緊張が高まった。
(アカン・・・。おる。絶対におる!!。)
「おるぞ。おまえ、、、、、感じ、、、るか?」
「・・・・。」友人は黙ってうなづく。
心拍数が上がる・・・・その瞬間!
「あっ!!」
そう、通過するその一瞬、ニヤニヤ笑う彼女とすれ違ったのです。
先生は思わずバックミラーに目をやりました。
(おったんや・・・。)
「おまえ見えたか?」
「わ、わからん。そやけど、、バリバリ鳥肌、、、、立ってるわ」
「おったんや。すれ違ごた。・・・・あほっ!振り向くな!! そのまま走れ!」
というお話。先生は何かに怯えながらボソボソと話してくれました。
よくありそうな話でよく出来ているような感じがしたのですが、ところどころ人間臭さがあり、それが妙に真実味を感じさせていました。
多分、僕の文章ではそういう微妙なニュアンスが伝わらないかもしれませんね。
ちなみに今は道路も舗装され大木は伐採されております。
覗き穴
大学生の男は古いアパートで一人暮らしをしていた。
男の部屋の壁には、小さな穴が開いており、そこから隣の部屋の様子がのぞき見ることができた。
隣の入居者は若い女性。
女性はのぞき穴の存在に気付いていないらしく、男はこれ幸いとばかりにのぞき行為を続けていた。

そして、ある日の事。
夜中の3時をまわった頃、男はドスドスという物音で目を覚ました。
何事かと思えば、隣の部屋から聞こえてくる物音だった。
もしかして男でも連れ込んだか?と思い、喜び勇んでのぞき穴を覗く。
隣の部屋も電気を消しており、詳しい様子をうかがい知る事はできなかったが、人影が二体あることは確認できた。
これは間違いない、と男は興奮したが、すぐに様子がおかしいことに気付いた。


男と思われる大きな人影が動くばかりで、女性のほうは全く身動きしていないのだ。
暗がりに目が慣れてくると、男が女性を殴りつけているということが分かった。
女性は猿ぐつわを噛まされているらしく、微かに「うっ」という声を漏らすだけで悲鳴をあげられなかった。
終には呻き声も聞こえなくなった。
すると男の人影は隣の部屋から出て行った。

強盗だ!
男は警察に通報しようと思い、電話の受話器に手を掛けたところで動きを止めた。
もし通報すれば自分がのぞきをしていたことがばれてしまう。
自分の保身のために、男は通報を思いとどまった。

一週間としないうちにアパートに警察が押しかけてきた。
やはり隣の女性は殺されていたらしい。
当然、警察はのぞき穴の存在を発見し、何か見なかったかと男に聞いた。
男は「壁の穴なんて気付かなかった。その日もなにがあったか気付かなかった」と言った。
他にもいくつか質問されたが、警察は男のことを疑っている様子は無かった。
殺人の瞬間を目撃したことは忘れられなかったが、通報しなかった事への罪悪感はすぐに薄れていった。
事件から二週間たっても、犯人は依然として捕まらなかった。

そして、ある日の事。
夜中の3時をまわった頃、男は再びドスドスという物音で目を覚ました。
しかし、隣の部屋は事件以降、新たな入居者は入っていないはずだった。
それでも、その物音は間違いなく隣の部屋から聞こえてくる。
恐る恐るのぞき穴をのぞいて見たが、動くものの気配は無い。
気のせいか、と思い穴から離れようとした瞬間、

狭い穴の視界を埋め尽くすように、かっと見開かれた血走った目が現れた。
男はがっちりと目を合わせたまま、驚きのあまり身動きが取れなかった。

そして、かすれた女の声で一言、

「見てたでしょ」
意味がわかると怖い話その2
最近一人暮らしするようになって、
部屋のインテリアとして、パズルを飾ることにしたんだよ。
光を浴びて、暗くなると光るってやつで、その光が儚くていいんよね。

この前も夜帰ってきたら、そのパズルが淡く光っててさ、
なんか出迎えてくれているようで癒されたんだよ。

またパズルやりたくなってきたし、
今度は同じサイズで2000ピースのやつ買ってみるかな。
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。